2006年03月12日

菅平

前日の宅飲みから続く・・・

今日は昨日の飲みの4人で菅平

 実はshima、前日飲み過ぎでグロッキーのゲロゲロッパ
 高速乗る前に既に2度路肩で休憩
 大丈夫かいな・・・



もう春山だし、雪もまともじゃない!
ということは十分承知の助で車を走らせたが
上信越に入るとフロントガラスにポツポツポツ・・・・


「げっっっっ! 雨かよ?」


しかも既に菅平まであと数十キロ、もう軌道修正不可!
インター降りても雨脚が強くなっていくばかり

標高上げれば雪だろうという期待を持ち
最奥の奥ダボスに向かった


そんな奥ダボスは雪!ナイス!!!エクセレント!!!

でもここから下に向かって滑ると雨なんだろうなと・・・
しかも奥ダボスはファミリーゲレンデ・・・

・・・結局リフト2本で飽きる
じゃあ、移動しよってことで表へ裏へと向かう


表ダボスに行くとwoodparkがあるではないか!
こんなの初めて〜!って速攻チャレンジ
木で出来たレールがたんまりあった
なかなか楽しかった、こうゆうのを自然の中でしたかったんよね

リフトに乗ると反対側にもパークを発見!
その名も「大波街道」!実に楽しそう・・・

まず、キッカー1つ
その後、でかめキッカー3連チャン(ダウン、アップ、アップ)
最後にクウォーターが1つ、塩ビのフラットダウンのレールが1つ
意外に飛びやすい
これなら女子組もいけるんでは・・・


はじめのキッカーはテーブルが狭くて
オーリーかけすぎで逆にフラットにランディング
足、痛し!

最後のクォーターは3連チャンキッカーの最後にあるから
3つめのランディングの勢いそのままに突入
どうしたらいいかわからず真っ逆さまに落下・・・
恥ずかしい格好で見世物になってしまった

雨にも関わらずわいらは滑る、滑る
だからウェアビチョビチョ、グローブビチョビチョ
これ必然・・・


裏ダボスに向かい、裏太郎、表太郎へとツアーする
表太郎に着いた頃には、ウェア、グローブともに限界に達していた

「もう、いいんじゃねぇか?」と誰かが泣き言を言うから(たぶん、オレ)
来た道を戻ることにする
ということは、大波街道も通る、ってことはまた飛ぶ・・・


午後の部、大波街道に向かうと、雨が吹雪きに変わっていた
そんなことはお構いなしで大波街道何連チャンしたかな・・・
今度はウェアカチカチ、グローブカチカチ、指曲がんねぇ!!!

女子組もたまらず大波街道に入る
ランディングまでは行かないまでも、エアー決めてた

あーさんの塩ビレールにはバカウケさせてもらった

吹雪が一層強くなって、バーンも堅くなってきたところで終了!
これ以上飛んでたら、ケツが割れてしまう・・・


帰り道、お得意の日帰り温泉「十福の湯」
ここが良かった
でっけぇ露天風呂があって、食事処もあり
オレ、2回も風呂入っちゃった


0時半、帰宅

P3120219.JPG

あー楽しかった・・・

posted by うき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。